県北西部地域医療センター トップ

県北西部地域医療センターについて。

 地域の特性に即した医療の提供はもとより、健康づくりや福祉領域の支援にも関与する体制を強化するため、県が示す「岐阜県北西部地域におけるへき地医療広域連携構想」に基づき、広域連携のもと持続可能な地域医療体制を作る仕組みとして、現在の郡上市地域医療センターを発展的に拡大し、国保白鳥病院を基幹病院として、周辺自治体のへき地診療所を含めた地域医療を支える新たなモデルとなる「県北西部地域医療センター」を立ち上げました。

連携の目的

中長期的に持続可能な、持続性のある、地域医療体制の構築

広域連携の概要

郡上市、高山市、白川村の2市1村による連携