県北西部地域医療センター 概要

あいさつ

  県北西部地域医療センターのホームページへようこそ。

 県北西部地域医療センターは平成27年4月に立ち上がった仕組みです。英語表記は、“Center for Community Medicine in North-Western Gifu Prefecture”つまり「岐阜県北西部地域における地域医療を行うセンター」ということになります。岐阜県は面積も非常に大きく、南北で様々な点で違いがあります。医療に関しても南部地域は県都岐阜市やその周辺地域には医療機関や医師数も多い一方、北部地域はいわゆるへき地に近い地域が多く広大な面積を持つ自治体の中に必ずしも医療機関や医療従事者数が多いわけではありません。まだまだ一人診療所といった医療機関も多いのが現状です。そんな北部地域の一つ、国道156号線、通称さくら街道に沿った郡上市、高山市荘川地区、白川村がいわゆる岐阜県の北西部地域に当たります。この医療資源が必ずしも十分でない県北西部地域において、2市1村が基礎自治体の枠組みを超えて、国保白鳥病院を基幹医療機関とした複数の医療機関がネットワークを組むセンターを立ち上げ、対象地域の地域医療、これは狭義の医療提供だけではなく、地域の健康づくりや、福祉的支援も含むいわゆる地域包括ケアを意味しますが、こうした地域医療を確保し支えていくこととしました。

 平成27年度段階では、組織として一体とはなっていませんが、郡上市・白川村間では平成27年3月に県医療整備課長立会いのもと連携協定が結ばれ相互支援を平成27年4月より開始し、高山市とは荘川診療所医師の代診支援を行うことでネットワーク化しています。一方郡上市内は平成26年度3月議会で県北西部地域医療センターに関する条例が議決され、国保白鳥病院、国保和良診療所、国保高鷲診療所、国保小那比診療所、国保石徹白診療所、国保和良歯科診療所、和良介護老人保健施設を構成機関とすることとなり、これらの郡上市内の医療機関、そして同じ冠名県北西部地域医療センターを付けた白川村の国保白川診療所・国保平瀬診療所、まだ連携協定までには至っていませんが実質的に緩やかなネットワークを構成する高山市国保荘川診療所らの基幹病院として国保白鳥病院が位置付けられました。そしてそのセンター長として私が赴任いたしました。

 私どものセンターいくつかのモデル性をもって発進しました。一つは基幹病院と診療所群とのネットワーク化により広域的に地域医療を支えるモデルという点、二つ目に、小規模病院の在り方として、臓器専門医を集めへき地医療を支援するモデルではなく、へき地を支えることができる総合診療医が臓器専門医の支援を受けながら活動し、臓器専門医との連携によって支えるというモデルという点、三つ目に少子高齢化人口減少時代における取組の一つと考えられている基礎自治体の枠組みを超えた連携による住民サービス提供のモデルという点です。これらのモデル性が、少子高齢化人口減少時代そしてそうした背景による地域医療の様々な課題に対する一つの答えとなればと思っています。

 私どもの県北西部地域医療センターの存在目的は「目の前の人、目の前の地域の生活の質(QOL)を支えること」であることと考えています。この目的に向かいスタッフ一同努力していくとともに、そうしたことにともに取り組んでくれる仲間を増やし、そして住民や行政の方と三位一体となって邁進していきたいと思います。皆さんにご指導ご支援いただくとともに、ぜひとも一緒に取り組んでいきましょう。よろしくお願いします。